須坂新聞
今日は何の日
6月1日(水)
●写真の日
天保12年(1841年)薩摩藩主の島津斉彬を、御用商人の上野俊之丞が日本で初めて写真撮影したとされるのを記念して昭和26年(1951年)に「写真の日」と制定しました。彼の息子が文久2年(1862年)、長崎市中島町に、わが国最初の写真館を設立した写真師、上野彦馬です。
求人情報
須高管内の求人情報
長野労働局や須坂市産業連携開発課の情報はこちらから
フォトサービス

須坂新聞モバイルページ
須坂新聞
ニュースヘッドライン
表現豊か~豊洲小で全校俳句集会(2016.01.23)

 豊洲小学校(児童数175人)は14日、同校体育館で全校俳句集会を開いた。

 「豊洲の子 萌えあがる」のタイトルで、平成12年度から行っている特色ある活動の一つ。毎月1回設けている「俳句の日」に詠んだ句を、1年から6年の各クラス代表者が披露した。
 発表したのは6月から11月の作品で、『あかとんぼ すいすいおよぐ たのしそう』『クロールで最後の最後手をのばす』『スーパームーン夜一番にかがやくよ』『音楽会おんぷの風が遠くまで』など、豊かに表現した句が並んだ。その一句一句を味わった児童たちは、印象に残った作品を挙げて「言葉のやさしい響きがいいと思った」「ダンス会という表現がいい」など、積極的に発言して感動を伝えた。
 また地域講師として児童たちに俳句を指導する田中義人さん(旭ケ丘町)は、「上手に擬態語を使っている作品が多い。見たまま、感じたままの気持ちが素直な言葉に出ていて、どれも素晴らしい作品」と講評した。
 3月には、校内のほか地域の人の投稿作品を掲載する俳句集を発行する。

 

TOPへもどる